「教科書を疑え」という先人の言葉

の真意をしっかり理解しましょう。

 

ここで言う教科書とは、文部科学省が認定した教科書を指します。さて、その内容を疑う前に、まず、教科書をしっかり読んで、何が書かれているかを読み取る能力が必要です。

読み取った内容は、その時代の学習指導要領に準じているため、大事な情報が省略されていたり、あるいは欠落していたり、古い情報であったり、あいまいな表現になっていることがあります。

最初の一歩は、教科書の内容を基盤としてその内容を咀嚼し、教科書以外の書物を読んだり、実験して確かめたり、先人の話を聞いたり、インターネットの情報と比較したり、様々な情報を活用して、教科書の内容を深く理解し、時には補足し、あるいは修正しながら、知識を増やしていくことが重要です。くれぐれも疑うことと否定することを混同しないようにしましょう。

 

教科書を疑え、その前にまず、

教科書の内容を理解せよ。

 

偉人、先人の言葉も、鵜呑みにせず、まず、その真意は

何かということをじっくり考える姿勢が大切です。